だんじり喧嘩についての紹介です。

ホーム > 久世祭りについて > だんじり喧嘩について

だんじり喧嘩について

「だんじり喧嘩」案内

だんじり喧嘩は毎年次のような日程で催行されています。
毎年10月(曜日は年によって変わります)

コメント
24日 宵祭りのため 「だんじり喧嘩」はありません。
25日 5社(御神輿)立ち合い御祭礼の後(19:30〜22:15)
26日 だんじり御祭礼(神輿なし)の後(18:00〜22:00)
※終了後 お祝いのもち投げがあります。

場所(喧嘩場) 真庭市久世中町

中国銀行久世支店と津山信用金庫久世支店前の国道

※案内所は、久世地区中心部中町にあるフリースペース「風曜日」内にあります。
同時に「久世祭り写真展」も開催しています。

「だんじり喧嘩」やり方

だんじりは上組(上王社・西親社・中央社・若王社)と 下組(朝陽社・東明社・栄朝社・惣社・泉朝社)に分かれ、上対下の対戦で行われます。

1回の対戦は13分間で総当たりとなり、それぞれのだんじりの押 手は死力を尽くします。目に見えるような勝敗の結果はありませんが、だんじ りに関わっている者達にはどちらが優勢だったかは、感覚として分かります。

だんじり喧嘩

良いあたり(突先の鉄板同士がうまく噛み合って当たること)の時は当たった方も当てられた方も、 両方から大歓声が上がります。

「だんじり喧嘩」関わり役

役割 コメント
てぎ師 だんじりの喧嘩の中で芯になる重要な役。てぎ師のだんじり操作如何で優勢かどうかが決まってしまう。 お互いのてぎ師は前が良く見えないため、互いのお宮に取り付けられた竹の葉っぱ(笹)を目安にてぎを切っていく。
押手 社の若手の多数(30名くらい)が関わり、指揮者の掛け声の元「だんじり」を押したり、引いたりする原動力となる。 特に突先の数名は押手のリード役を担う大事なポジションである。
乗り手 だんじりの上に乘りムードを盛り上げる役。上に乘るものは殆どがだんじり喧嘩経験者のOB達(中老と言う)で、 喧嘩が好きで好きで堪らないと言う人達である。

▲このページのトップへ