久世祭り(久世だんじり祭り)の歴史の紹介です。

ホーム > 久世祭りについて > 久世祭りの歴史

久世祭りの歴史

久世祭りの歴史について

できごと
元禄4年
(1691)
久世郷で生健(久世)神社、黒尾天王宮、鍋谷八幡神社、山久世八幡神社、三坂三十八所(三榮)神社の五社が合同祭典を行う。
元文元年
(1736)
大雪のため山久世八幡神社が岐呂峠を越せず不参加、以降、四社御祭礼となる。
天保13年
(1842)
津山藩郷中御条目中「壇尻久世弐ッ」出すことを許す旨の記載あり。
大正10年
(1935)
惣八幡神社が加わり、五社御祭礼となる。
大正中期 だんじりが馬車台に乗る。
昭和20年
(1945)
東明社、栄朝社の二台のだんじりが出る。
昭和32年
(1957)
商工会が仮装行列を行う。
昭和33・34年
(1958・1959)
模範店会が奴行列を出す。
昭和36年
(1961)
子供樽神輿五組が登場。
昭和52年
(1977)
中町商店街がカラー舗装になったため、御祭礼のだんじり巡行コースを変更。
昭和58年
(1983)
ふるさと列車来町。早川代官前で「だんじり喧嘩」を披露。
昭和63年
(1988)
中央社と朝陽社が瀬戸大橋博に出演。
平成3年
(1991)
「久世だんじり保存会」発足。西親社と朝陽社が真庭特産フェアに出演。
平成6年
(1994)
上王社と東明社が岡山桃太郎祭りに出演。麗新社登場。
平成17年
(2005)
久世だんじり振興会発足。10月NPO法人化。5月NHK・BS2チャンネル「おーいニッポン私の好きな岡山県」生中継に8社出演。だんじり御祭礼と、だんじり喧嘩(上王社対栄朝社)の模様が放映される。
平成18年
(2006)
NPO法人久世だんじり振興会主催「久世だんじりふれあい祭り」に6社参加。

▲このページのトップへ